アナログ・デジタル回路設計者

[写真]齋田
関西デザインセンター センター長

齋田Saita

2011年入社/男性

高い技術が蓄積され、設計に専念・集中できる。
エンジニアにとって非常に恵まれた環境だと思います。

三栄ハイテックスに転職した背景

前職の企業の日本法人が日本市場から撤退したため、新たなフィールドを求めて転職活動をしました。三栄ハイテックスを選んだ理由は、技術力が高く、設計に打ち込める環境だと感じられたからです。
面接などの場で、社員同士の仲が良く、また技術に対して非常に真摯に取り組んでいる会社だという印象を受けたことを記憶しています。
 

手掛けている業務や職場環境

私の部署では、主にLSI(半導体集積回路)のアナログ回路設計を行っています。皆さんの身近にあるモバイル機器やゲーム機、最近電子化が急速に進んでいる自動車や医療機器など、さまざまなアプリケーションに対応したLSIの設計/開発を行っています。今までの経験から得た高度な技術やノウハウが社内に蓄積されており、設計に専念・集中できることから、エンジニアにとって非常に恵まれている環境であると思っています。
 

仕事のやりがいや今後の目標

三栄ハイテックス入社後は、技術に加えてマネジメントのスキルを磨くことに注力しています。現在は関西デザインセンターのセンター長を務めています。関西デザインセンターは本社と比べると若い部署ですが、そのぶん、お客様からの感謝や信頼を通じてメンバーの成長が感じられたときには、とてもやりがいを覚えます。
一緒に仕事をする社員や部下に、いつまでも忘れずにいてほしいと思うのは、「自分の頭の中で考えたモノを設計するというのは、とてもエキサイティングで、楽しいこと」という気持ちです。そして技術に対して常に貪欲であってもらいたいと考えています。
今後の目標としては、部門を成長させていくことはもちろんですが、積極的に新しい分野や新しい市場を切り開き、技術を通じて世界に貢献できるような会社をつくり上げていきたいと思っています。
 

転職を考えている方へのメッセージ

三栄ハイテックスは社員を大事にし、一人一人の個性とスキルを重視する会社です。スキルをもっと伸ばしたい、こんなビジネスをやってみたい、など皆さんが持っているいろいろな夢があれば、ぜひ一緒にかなえていきましょう。
[写真]永田
東京デザインセンター
デジタル回路設計エンジニア

永田Nagata

2016年入社/男性

同じ志を持つ仲間たちとチームで仕事をする喜び。
自分の知識やノウハウを、若い世代に継承していきたい。

三栄ハイテックスに転職した背景

以前に勤めていた会社では、外資系による吸収合併など環境の激変を経験しました。やがて成果主義の名目のもと、日々の仕事からチーム意識が失われていくようになりました。「自分が力を尽くすべき職場はここなのだろうか」という疑問が日ごとに増し、年齢を重ねた立場ではありますが、新たに頑張れる場所を探す旅に出ようと心に決めたのです。
三栄ハイテックスには、同じ志を持つ仲間がたくさんいて、働きやすい環境だと感じました。ここでならば自分の力を発揮するとともに、自分が持っている知識とノウハウを伝えて、会社(ひいては社会ですね)に貢献できるのではと思いました。
また、面接時に社長から業界や自社が直面している状況の厳しさなどを率直に聞かされたのも印象的でした。普通はこういう場では、耳触りの良い話題が選ばれるのでしょうが、真摯な社風を感じさせられました。あるいは私の意志や覚悟が問われていたのかもしれません。
 

手掛けている業務や職場環境

入社以前は、主に民生用の低消費電力主体のマイコンの開発(レイアウト設計)に従事していました。現在は車載用の高速、大規模マイコンの開発(レイアウト設計)を担当しています。
オフィスでは必要に応じて休憩することができますし、小腹が空けばおやつを食べたり、コーヒータイムで気分転換したりと、一人一人が自分の仕事のペースをつくれるようになっています。服装も(一般常識内で)自由ですし、働く環境としては申し分ないと思っています。あとは、それを結果につなげるのみですね。
 

仕事のやりがいや今後の目標

性能や納期など仕事で求められる水準はきわめて高く、決して容易ではありませんが、最先端の技術と信頼性の追求という面で大変やりがいがありますし、やり遂げたときの達成感は何物にも代えがたいですね。さらに、チームとして味わう達成感は、その何倍にもなるので、常により上へとチャレンジを続けてしまいます。
今後の目標は「この会社をさらに大きくする!」ということになりますが、あまり大上段に構えず、「同じ志を持つ仲間をもっと増やす」というところから具体的に進めていきたいですね。また、三栄ハイテックスに転職してきた時に心に抱いたことでもありますが、今まで自分が培ってきた技術やノウハウを若い世代に継承していきたいと考えています。
 

転職を考えている方へのメッセージ

転職活動は婚活のようなもの、出会いの場と考えて良いのではと思います。転職活動中はいろいろと不安になることもあるでしょうが、一つ一つの結果にとらわれずに、本当に自分がやりたいことをはっきりと持ち、それが実現できる会社かどうかを考えていれば、必然的に機会がやって来ます。そんなあなたと出会うことを楽しみにしています。
[写真]春花
アナログ回路設計部門 部長

春花Haruhana

2006年入社/男性

お客様との関係の近さが、当社で仕事をする魅力のひとつ。
さまざまな対話で知見を広め、感謝の声にやりがいを覚える。

三栄ハイテックスに転職した背景

浜松市には家族の地縁があり、子どもの成長や暮らしやすさを考えたときに良い所だと思って、転職を考えました。まだまだ回路設計の仕事を続けたいという気持ちもあったので、浜松を創業の地とし、設計を専門にしている三栄ハイテックスを選びました。
 

手掛けている業務や職場環境

三栄ハイテックスに入社する前から、回路設計はやっていましたが、今にして思えば技術領域が狭く、独りよがりな部分も多かったかもしれません。三栄ハイテックスで、さまざまなお客様から回路設計の依頼を受け、議論することで、知見を広めることができましたし、世間に通用する技術力を身に付けていく手応えを得られました。
三栄ハイテックスでは、ほとんどの仕事は適切にスケジューリングされており、各人がペースを保って仕事に取り組めます。回路設計、技術的な仕事に費やせる時間が多いことが、会社全体の技術力の底上げにつながっていると思います。また、図書室がそばにあり、技術的な調べものをしやすくなっていることも、その一助となっています。オフィス環境は、大手メーカーにありがちな古い建物と異なり、空調もよく効いて、机も広く、とても快適です。
 

仕事のやりがいや今後の目標

どの仕事にも、課題解決に知恵を絞る楽しみがあります。特に三栄ハイテックスの仕事は、お客様との関係が近いのが魅力のひとつです。お客様から感謝の声をいただくと、また次の仕事への意欲が湧いてきます。
また、お客様から信頼を得て、長期にわたり業務を継続できることも素晴らしいですが、新しいお客様と出会い、新しい業務を手掛けることも重要です。常に新しいことに取り組み続けたいと思っています。
ありがたいことに優秀なメンバーが多いので、部門長としての苦労はさしてありません。メンバーに望むのは「主体的に仕事に取り組むこと」「さまざまなもののバランスを取ること」なので、これからもそういう方向性を示していくつもりです。
 

転職を考えている方へのメッセージ

三栄ハイテックス本社のある浜松市は、暮らしやすい所です。技術に関わることに取り組める時間が多いのが会社の特長のひとつなので、技術に比重を置いて仕事をしたい方は、ぜひご検討ください。また、比較的コンパクトな会社なので、一人一人が会社の力となっていることを実感できます。社員の平均年齢は36歳(※2017年時点)程度で、会社全体が若々しく、モチベーションが高まると思います。