「プロ」になれる
充実の研修体制

伊藤 快KAI ITO


レイアウト設計 担当
秋田県立大学 システム科学技術学部
電子情報システム学科 専攻

入社を決めた理由

大学で開催された説明会で、興味を持ったのがきっかけです。会社説明会では、先輩社員との座談会や、何でも自由に聞ける質問コーナーがあり、とても風通しの良い職場という印象を受けました。そして決め手は、充実した研修を経て自分に合った部署を選択できる仕組みが整っていたことです。

現在の仕事内容

Li(リチウム)イオン電池保護ICなどのレイアウト設計に携わっています。素子の配置やチップのフロアプランなどをお客様と相談しつつレイアウトを進めたり、チップの決められたサイズ内で制約を満たしつつ、どうすれば製品の質が良くなるのかと考えをめぐらせたりすることにやりがいを感じます。

業務紹介ページへ

社員研修の成果

新人研修中は漠然と学んでいた半導体素子の知識が、配属後にラッチアップやESDといった素子破壊関連の現象の理解を助けてくれました。レイアウト業務における基礎の基礎といった形で生きていると思います。また、知識や技術以外にも、協調性や発表テクニックといった実際の仕事で必要なスキルも身に付く研修なので、配属後のアウトプットに役立っています。

学生へのアドバイス

社会人になると自由な時間が減ってしまうので、今のうちに悔いのない学生生活をエンジョイしてください。