回路設計は
技量も考え方も映し出す

熊谷 はるかHARUKA KUMAGAI


デジタル回路設計 担当
名古屋大学大学院 情報科学研究科
メディア科学 専攻

入社を決めた理由

地元・浜松での就職を目指す中、たまたま就職情報サイトで三栄ハイテックスを見つけました。大学での専攻分野を問わず幅広く技術職の募集をしているのが印象的で、導入研修(新人研修)が充実していて基礎から教えてもらえることと、面接で熱心に話を聞いてもらえて好印象を抱いたことで、入社の気持ちが固まりました。

現在の仕事内容

画像系や車載系のデジタル回路設計に携わっています。お客様からの要求仕様に基づき設計を行い、回路の機能を検証します。回路設計には、設計者の考え方や技量が反映されますので、複雑な要求仕様をうまく回路に落としこめた時に、やりがいを感じます。また、作成した回路が正しく動作し、検証が全て完了した時は、安堵とともに達成感を覚えます。

業務紹介ページへ

これからの目標

任された仕事を責任を持って完了させることは大前提として、お客様や先輩方の要求に先回りして答えていくことを意識しています。そのためにどんどん知識を増やし、より多くの経験を積んでいきたいと思っていますし、いずれは仕事を安心して任せてもらえるよう、周りに信頼される社員になることが目標です。

学生へのアドバイス

一見関係がなさそうなことでも、学生時代の勉強や経験が、意外なところで役に立つことがあるものです。これは入社後に、自分自身が実感できたこと。一例ですが、デジタル回路の検証では、C言語などのプログラミングの知識を生かせました。学生時代はさまざまなことに挑戦できると思うので、学びも遊びも、目一杯楽しんでください。