「数学思考」を大切に
入社を決意

森本 和樹KAZUKI MORIMOTO


ソフトウェア開発 担当
信州大学 理学部 
数理・自然情報科学科 専攻

入社を決めた理由

静岡での就職を考えて企業研究をする中で、合同企業説明会で三栄ハイテックスという会社を知りました。私の大学での専攻は数学だったのですが、同じ分野からの採用実績もありましたし、数学寄りの思考は会社に入ってからも生かせると考え、入社を希望しました。合同企業説明会と会社説明会が2月から3月にかけて行われ、4月からすぐに働けることになりました。あの時、とても助かったことを覚えています。

現在の仕事内容

車載系の組込みソフト開発・評価を行っていて、主に評価を担当しています。車載系は安全性を求められるので、単純に仕様に合致していることを確認するだけでなく、「車両としてこの仕様で安全なのか?」といった視点で検討することも必要です。自分が不備や改善点を指摘することで品質向上に貢献できると考えると、やりがいがあります。

業務紹介ページへ

休日の過ごし方

土日の1日はいろいろと家事を片付けて、自宅でゆっくりと過ごしています。もう1日は遊びに行ったりしています。麻雀やゲームをすることが多いですね。特に麻雀は大会も出たりしているので、より腕を磨きたいと思っています。最近はしばしば、麻雀プロの方と打つ機会も持っています。強い方と打つことは楽しいですし、勉強になります。

学生へのアドバイス

就職活動などで忙しいとは思いますが、学生時代は存分に遊んでおいてください。また、会社に入ってからは仕事が大変に感じられることも多々あるはずですが、自分が興味を持てるものをぜひ見つけてほしいです。何かに興味を持つことで、積極的に情報を取りにいくようになりますし、それが続くと、自然と自分の強みになってくれます。「できない」ことを数え上げるよりも、何かが「できる」ことに自信を抱いてほしいと思います。