会心のレイアウトに
見入ってしまう

安川 勝MASARU YASUKAWA


レイアウト設計 担当
静岡大学 理学部 物理学科

入社を決めた理由

私は学部卒だったので、自分の知識の専門性にいささか不安を持っていました。しかし合同説明会でLSIレイアウト図を見せてもらい、「これを理解しながら自分で描けたら面白そうだな」と、心惹かれました。詳しく話を聞くうちに、「専門的に電子回路を学んでいなくても、約1年間の研修で一から学ぶことができる。それに大学で学んだ物理学の知識や、理系として培ってきた考え方も生かせる」と感じて、入社を決意しました。

現在の仕事内容

イメージセンサや高速インターフェースなど、多種多様なジャンルのLSIレイアウト設計を行っています。レイアウト設計とは、いわばチップに実装するための設計図を描くお仕事で、回路図の特性・性能を落とさずに、いかに美しいレイアウトを作れるか知恵を絞るのが醍醐味。美しいレイアウトを作ることができた時などは、思わず見入ってしまいます。目指しているのは、言われたことをこなすだけでなく、自分で考え、設計者やお客様に提案をし、より高いレベルの製品を生み出せるようなレイアウト設計者です。

業務紹介ページへ

社員研修の成果

大学時代は天文物理学を学んでおり、半導体の知識は全くの門外漢でした。そのため、新人研修で学んだ半導体の知識が、まさに今の業務の土台となっています。レイアウトをする上で重要な寄生成分についても、新人研修で学ぶことができました。また、アナログ回路設計の知識は、回路設計者と密に情報交換・伝達を行う上で有効に生きています。今後は自分自身もアナログ回路設計にも挑戦して、回路設計・シミュレーション・レイアウトまでを一貫して行える設計者を目標としたいです。
 
 
 
 

学生へのアドバイス

大学で学んだことは、専門外のことでも、仕事をしていく上で必ずどこかで生きてきます。学生のうちに、どんなことでも良いので何かひとつ深い知識を持っておくと、役立つかもしれません。「半導体・LSIについての知識を持っていない」「専門が全然違うからどうしよう」「設計って何をするのかよく分からない」という方でも、入社後の研修で初歩から教わることができるので、不安がらずに、ぜひ前向きに検討してみてください。