LSI設計フロー

LSI設計に携わる会社は数多くありますが、大半は、全体の工程の一部を担当するケースです。その点、三栄ハイテックスは、専門会社として設計そのものを手掛け、設計フローの上流から下流まで一貫サポートできるのが大きな強みとなっています。それはまた、三栄ハイテックスで仕事をする人々を、知的刺激に満ちた環境が待っているということでもあります。LSI設計は、「論理的なものの考え方」と、現場で育まれる「経験・感性」を巧みに組み合わせることで成し遂げられる、クリエイティブな仕事なのです。
(LSIのより基本的な知識は、「LSIとは」のページをご覧ください)
LSI設計フロー図
LSI設計フロー図

デジタル回路設計

論理設計の集合体を作り上げる
仕様に沿って、ハードウェア記述言語(Verilog-HDLやVHDLなど)を使用して機能を記述していきます。記述後はシミュレーターで、「求められている機能が達成されているか」「面積や速度などの制約条件は最適化されているか」などを検証します。

アナログ回路設計

緻密な設計プロセスを積み重ねる
光・音・電気などの自然量(アナログ量)を扱うのがアナログ回路。仕様が決定したら、まず動作モデルを設計します。その後、トランジスタ、抵抗、コンデンサーなどの各種パラメーターの設定、シミュレーションを繰り返し行い、求められる機能に対する「最適解」を探していきます。

LSI回路レイアウト

「理論」の回路を、「実際」の回路図へ
設計した回路を実際にレイアウトし、パターン図として形成していきます。回路設計の時点では、まだ「記号」や「線」だったトランジスタや配線も、設計ツールを用いてデザインすることで、実体の面積や太さを持ち、「かたち」として仕上がります。

実機評価

品質保証は最重要の課題
LSIの量産の前に、半導体工場で製造された試作品の評価を行います。品質保証のためには、徹底したエラーチェックが欠かせません。想定された機能や性能の確認のほか、温度・湿度の影響、耐圧、輻射などの特性をさまざまな面から評価して、不具合があればその解析を行います。