新たな自分の
可能性に気づく

S.K.LSI設計 関西デザインセンター 課長 [2018年 中途入社]

入社を決めた理由

転職先に三栄ハイテックスを選んだのは、この会社で働いている知人の誘いがあったからでした。
入社前から働き方や雰囲気の“生の声”を聞いていたため、入社前後でのイメージのギャップはそこまでありませんでした。

現在の仕事内容

アナログ回路設計部門所属しています。関西デザインセンターで進むプロジェクトのマネジメントに携わっています。

仕事で心掛けていること、大切にしていること

1日の中で、顧客との打合せからプロジェクトの業務報告まで多種多様なミーティングに参加しています。ミーティングごとに案件の内容もメンバー、進捗状況もまったく異なってくるため、クリアな思考で考えられるよう1回ごとに思考の切り替えが欠かせません。 どれだけスケジュールがタイトでも、合間合間にしっかりと「次の打合せのテーマはなんなのか」を確認する。小休止できる時間があるならば、コーヒーを一杯飲んでリフレッシュする。そうした工夫を取り入れることで、ミーティング内容の認識間違いを防ぎ、より実のある話し合いができるよう心がけています。

転職の前後で変わったこと

入社時はエンジニアとして入社しましたが、1年半ほどたつ頃にはプロジェクトリーダーへとステップアップ。さらに2022年からはプロジェクトを管理するポジションへと昇進しました。現在では自分で手を動かす機会は大幅に減って、客先との定例会議や、プロジェクトの進捗報告などの社内打ち合わせが増加したほか、メンバーの勤怠も管理するなど、管理側の業務がメインへと変化してきています。特に打ち合わせは普段の業務の半分以上を占めていて、同時進行する複数のプロジェクトがスムーズに進行できるよう、一日の大半が打ち合わせで埋まる日もあります。 これまでエンジニアとしての道を歩んできた私ですが、三栄ハイテックスの業務で新たな自分の可能性に気づくことができ、適切な段階を経てキャリアアップできる環境が用意されていると感じました。
※2022年5月時点での情報です。