ソフトウェア業界の技術は日進月歩。
新しい挑戦を望む人は、きっと活躍できます。

K.Y.ICT アプリケーション開発エンジニア [2015年 中途入社]

三栄ハイテックスに転職した背景

以前は関東にあるソフトウエア企業で働いていました。仕事や職場は好きだったのですが、大学時代に毎日通っていた愛着のある浜松に戻って仕事がしたいと漠然と考えるようになりました。30歳になった時に、浜松へ戻ることを強く意識し始め、転職することを決めました。
三栄ハイテックスを選んだのは、面接時に業務の話を聞いて、「今までのスキルを生かして働けそう」というのに加え、「今までやったことのない仕事や新しい技術の習得にチャレンジできそう」と感じたためです。面接の時に会った方々はとても感じが良く、自分の思っていることを安心して話せた記憶があります。また、入社後に自分が配属される職場や研修室など社内をいろいろと歩いて案内してもらったのは初めての経験で、とても印象に残っていました。そうした雰囲気の良さに、「ここで一緒に仕事をしたい」と思ったのも、大きな要因でした。

手掛けている業務や職場環境

入社後はスマートフォンアプリの開発、組み込みソフトウエアの開発、IoTシステムの開発を行っています。アプリケーションやシステムの仕様・デザインを考えるところから開発まで、一通り自分たちで行っています。スマートフォンアプリの開発では入社前から行っていたAndroidアプリの開発だけでなくiPhoneアプリの開発をする機会があり、こちらもスキル習得をしている途中です。IoTシステムの開発では、Dockerと呼ばれる仮想化技術やWebアプリケーションを学ぶ機会があり、日々勉強しながらスキルを習得している途中です。
以前の職場ではオフィスカジュアルと呼ばれる服装で勤務していましたが、三栄ハイテックスに入ってからは普段着で出勤することができて、新鮮な気持ちです。私の所属している部門は比較的人数が少ないこともあり、課や係を超えて相談に乗ってもらったり、話しかけたりしやすい雰囲気があります。私も分からないことがあると気軽に近くの席の方に話しかけています。
 

仕事のやりがいや今後の目標

入社してから、自社のソフトウエアの開発に携わることが何度かありましたが、製品がリリースされて世の中に出た時には、今までの苦労を忘れて喜びを感じます。特にスマートフォンアプリの開発では、自分が開発に携わったアプリケーションが実際にストアに並ぶので、その様子を見た時にはとてもうれしくなります。
今後の目標としては、入社後に勉強を始めたIoT関連のWebシステムの開発の技術を深め、iPhoneアプリの開発では業務に必要なスキルを向上させたいと思っています。また、今までの仕事で経験をしてきた領域では、他のメンバーの技術的なサポートをしたり、開発の取りまとめをしたりするような役割を担っていけるようになりたいと思っています。

転職を考えている方へのメッセージMessage

私の所属する部門は比較的新しい技術などを学ぶことができ、自分自身の希望も聞いてもらいやすい環境だと思います。ソフトウエア業界全体に当てはまることですが、技術の進歩が早く日々新しい技術を勉強する必要があるため、今までの業務経験だけでなく新しいことに取り組むのが好きな方が向いていると思います。
※2017年12月時点での情報です。